オーナー様向け リネシスの賃貸管理サポート

リネシス株式会社
open
gazo_title_kanri

私たちリネシス株式会社の「賃貸管理」はプロパティマネジメント、

つまりオーナー様の収益を最大化する賃貸経営をサポートしております。

入居者募集から退去までの管理はもちろん、オーナー様がの長期安定経営のお手伝いをさせていただきす。

今後発生する「空室リスク」「家賃の下落リスク」「老朽化リスク」「事業継承や相続対策」に関する解決策もあわせて、継続的に収益をあげていくことができるサポートを目指しております。

gazo_rieki_saidaika

当社管理物件の入居率は96.32%(2019年2月末現在)と高い数字で推移しております。

先々を見据え今後発生する「修繕費用」などに対する解消法など、オーナー様が継続的に収益をあげることができるようサポートいたします。

入居者募集

入居者のほとんどがインターネットでお部屋探しをす る時代。自社ホームページや国内大手のポータルサ イトなどを活用し、「見てもらえるお部屋」になるよう物 件の魅力を分かりやすく伝え迅速かつ効率よく募集 活動を行います。

家賃回収

オーナー様の大切な財産である「家賃」を毎月、正確 に送金することは賃貸管理にとって、もっとも大切な 業務のひとつです。集金で一番面倒な事務処理を弊 社で迅速に行います。入金チェックを確実に行い、オーナー様のお手間は取らせない仕組みです。

退去時業務

忙しいオーナー様にかわって、退去時立会いをはじ めとする、賃貸物件解約時の業務を行います。退去 時の精算業務など入居者トラブルの発生しやすいデ リケートな業務や、手間のかかる案件にも迅速に対 応いたします。

収金管理

収金管理は、オーナー様が賃貸経営を行っていくうえでの確実なキャッシュフローを守るために大切な業務の一つ。確実かつ迅速な対応でオーナー様の収益を守ります。 


建物管理

建物管理は、オーナー様の大切な資産を維持するの はもとより、「住んでよかった」「住み続けたい」という 入居者様の「満足度」にも直結します。維持管理を しっかり行うことが、資産価値の維持・向上に役立ち、結果的に費用も抑えることにつながります。

キャッシュフロー診断

今現在の収支から将来の予測収支までを把握することで、さらに収益が上がる余地があるかもしれません。

また、将来の予測から打つべき対策など、オーナー様にあわせて具体的にサポートいたします。

 

DFTを活用した賃貸経営計画を!!
キャッシュフロー(お金の流れ)が見えていますか

市場規模も大きく、需要も潤沢にある都市部でも家賃は右肩下がり、建物の老朽化とともに打つ手がなくなっ
ていくという賃貸経営の「負のスパイラル」に陥ることがある時代。リネシス株式会社では弊社の持つ膨大な
データと情報網から、オーナー様の資産の将来について最適なプランをご提案し、経営をサポートいたします。

キャッシュフローツリーを使った改造計画

表

 

オーナー様の物件の運用状況や傾向をつかみ、将来的な予則をするためにはまず、キャッシュフローツリー(以下CFT)を作成します。

CFTとは「一年間の収入と支出を流れに沿ってまとめ、最終的な手取り収入額までを表したもの」です。

項目ごとに収入と支出が一覧で確認可能で、運用状況の把握が容易になります。

これによって、今何が賃貸経営を圧迫しているか、今後の収益予想などが読み解かれ、最適な改善計画を作ることができるのです。

kanri_title03

 

CFTからは他にもローン返済の安全性や損益分岐点も導き出すことが可能で、危険を正しく理解し、弱点を発見することがすなわち、収支を改善し、利益を残せるかに直結します。

現在、満室状態のオーナー様も、さらに収益の上がる余地があるかもしれません。

将来の予測から打つべき対策もオーナー様のご事情に合わせ、具体的にサポートいたします。

賃貸経営情報
賃貸経営情報2

最新号

賃貸経営情報 Vol.06

間もなく始まる繁忙期に向けて、短期間で低投資でできる、オーナー様の物件を「No.1にする方法」お教えします!

リネシス株式会社が取り組む「大学生受験生向けアパート専門プロジェクト」

賃貸経営情報3

家賃が相場より高くても決まる!?

スマホの普及により、どこでも自由にインターネットを利用できる現代。

入居者にとって「インターネット無料」は必須条件になりつつあります。

当然、導入と維持にはコストがかかりますので導入だけの金額で選んではいけません。最近では...

賃貸経営情報4

サブリース解約で収入UP!?

金融庁は2018年10月26日、消費者庁・国土交通省と連携で作成した「アパート等のサブリースに関する注意喚起」を公表、ホームページなどに掲載しました。
これまでサブリース契約に関するトラブルは、不動産業者の所管官庁である...